第28回 コンポジション展

~絵という ひざしを届けたい~

 陽画会・水彩会・画研・版画研究会PAS・鎌倉蒼美会

 

会期:2021年7月7日(水)~11日(日)10時~17時(最終日16時まで)

会場:鎌倉芸術館ギャラリー


コロナ感染拡大対策のため、1月に開催できなかった第28回コンポジション展ですが、

7月に開催が決定いたしました。

安心してお越しいただけるよう、来館者の人数制限、検温、消毒等々、万全の感染対策を徹底して開催いたします。

※お願い:マスクの着用、検温、アルコール消毒など、感染対策へのご協力をお願いします。また、大人数での来館、館内での飲食・大きな声での会話等はご遠慮ください。



鎌倉朝日新聞

「スケッチ日和」連載中

 

爛漫の春」  鎌倉朝日2021年4月号掲載 水彩画 31×41cm

 

3月に入ると桜の便りがちらほら。我が家のソメイヨシノのつぼみは硬くても、サクランボの花が早くも咲いている。

鎌倉近辺には桜の名所が数多い。今回はハリス記念鎌倉教会。以前に若宮大路に面した門の外側からスケッチした。松や棕櫚などを背景に桜が咲き誇っていた。右側の桜は見事な枝ぶりで左へ伸びていた。左にも桜を描き足した。

午前中に来れば併設されている幼稚園から園児たちの元気な声を聴くこともできるだろう。



更新情報:2021年4月11日  オンライン教室(4月10日)の会員作品と添削ページを更新しました。(会員ページへ)

更新情報:2021年4月4日  鎌倉朝日新聞「スケッチ日和」4月号掲載しました。(スケッチ日和ページへ)

更新情報:2021年3月14日  テキスト「絵画」という世界の創り方…を更新しました(会員ページへ)


オンライン教室の会員作品と添削


●4月10日のオンライン教室の会員作品と添削をUPしました。 会員ページからご覧ください。

今回は、「写実的な作品を制作しているが、このままでよいのか?」

「絵になるとはどういうことか?」というご質問にもお答えしています。ぜひご覧ください。


オンライン教室では、会員の作品の添削や絵を描くために必要な知識を得ることができます。

他の人の作品の添削や説明を見ることはとても役に立ちます。

まだ会員登録をしていない方は会員登録(無料です)をして、資料・添削内容をぜひご覧ください。

 ★会員登録(無料)ページへ

  


▼オンライン教室のご紹介(オンライン絵画教室より)

毎週土曜日に開催しているオンライン絵画教室の中から一部をご紹介します。

●森さんの作品 「花筏」 アクリル画   <2021年4月10日オンライン教室より>

▲<A>原画

鎌倉中央公園の池に浮かぶ桜の花筏をお描きになりました。主役がないので向こう岸に桜の枝を描いて主役としたそうです。水を説明していないのに水が感じられるのは見事ですね。縦のタッチが効果的なのだと思います。

▲<B>添削-1

もし、桜の枝が主役ならば、向こう岸の線を切るように枝を配置します。

原画では点描のようなタッチが多用されています。点描は大変時間がかかります。どうしてでしょう? だって、ただ点を打っていくだけならそんなに時間がかからないだろうと思いませんか。その通りです。そしてそのような、無造作に置かれた点は全く魅力がありません。時間をかけなければならないのです。大きさと位置を考え、色を決めて、絵の具の濃さと厚みも考えて、それも隣の色との対比なども考えて、そして、ためた思いを1点に込めて、点を打つのです。1点、1点にこれを行うのでものすごく時間がかかるのです。

▲<C>添削-2

花筏だけをお描きになるのもよいのではないでしょうか。この場合は背景を描かず、水面だけを描きます。主役(花筏のかたまりが主役)の位置と大きさを決めて、ムーブマンも花筏だけで作ります。



●オンライン絵画教室のご案内

水彩画のオンライン教室です。

どなたでも参加可能です。

お気軽にご参加ください。

 

●オンライン絵画教室を一度体験してみたいな~という方も歓迎です♪

会員登録をしていただくと、教室URLとIDおよびパスワードをメールにてお知らせします。

 <オンライン絵画教室の日程> 

オンライン教室は、毎週土曜日の10:00~12:00に開催しています。

最近はリモートワークなどでも定番になったZoomのWeb会議システムを利用します。インターネットができる環境であればどなたでも参加できます。(パソコンやスマホなど)

黒川明のオンライン絵画教室では、構図取りや下書きなど、描いている途中の絵の添削もできますので、ぜひ活用してください。オンライン教室までに絵を描きあげなくちゃ…という必要はありません。

たとえば、この岩は入れた方がいいのか入れない方がいいのか…とか、川のラインはもっと左から出た方がいいのか…とか、木の位置がこれでいいのか…とか、草の描き方はこれでいいのか…とか、花の配置はどうか…とか、背景の色をどうしたらいいか…とか、悩んだときにちょっとストップして添削・アドバイスを受けましょう。作品を提出しなくても大丈夫です。他の人の作品やその添削を見ることはとても勉強になります。

黒川明のオンライン絵画教室では、皆さんの作品が添削によってどう変わるのかを実際に目で確認することができるのです。黒川明がphotoshopを使って実際にあなたの絵を変化させます。構図・色彩・絵具・筆遣い…などなど、「もしこうしたらこんな感じになります」というのが実感できるので、とてもわかりやすい!!と大好評です。

▲会員登録は無料です。会員登録をすると、オンライン教室のURLとIDおよびパスワードをメールにてお知らせします。

また、色相環、明度表、彩度表や、YouTubeの本編ダウンロード他、絵画に役立つさまざまな情報を得ることができます。ぜひご登録ください。


●アクリル画「バレリーナ」の動画をアップしました

  ▶右のYouTube動画からぜひご覧ください。


●黒川明のオンラインショップからお知らせ

※Giclee(ジクレー)を知っていますか?

Giclee(ジクレー)とは、デジタルデータを、上質なキャンバス・版画用紙・高級水彩紙など、最高級素材に高精細で広色域なインクジェットプリントを施すものです。優れた技術と精細な機器によって、最高水彩紙アルシュにも美しくプリントできるようになり、本物の水彩原画と比べても遜色ないほど各段にその品質が高くなりました。画家・黒川明が1枚1枚クオリティにこだわってプリントし、自信を持ってお届けいたします。Gicleeはコストを大幅に軽減でき、従来の技法に勝るとも劣らぬ、高い質感を誇る新たな表現技法です。アルシュの風合いを生かした美しいGiclee。A4サイズで3,000円、A3plusサイズで5,000円と、とてもリーズナブルです。原画はちょっと手が出ない…という方にも気軽にお求めいただける価格設定にしました。

あなたのお部屋に、大切な方に、絵画をプレゼントしませんか?

ぜひオンラインショップをご覧ください。(オンラインショップでは、原画も販売しています)

 


 <ダウンロードできます!> 無料!

絵を描くうえで色彩はとても大事、その基礎となる色相環、明度表、彩度表を会員ページからダウンロードしていただけます。未登録の方はぜひ会員登録をしてダウンロードしてください。

 ●会員ページへ   ●会員登録ページへ



●ギャラリー

黒川明のオンラインショップに出品している水彩画・アクリル画を中心に、33点の作品をギャラリーにUPしました。ぜひご覧ください。



鎌倉朝日新聞に連載された

「スケッチ日和」の作品を

アップしました。

鎌倉蒼美会洋画展

彩遊会展

横須賀美術協会会員会友展

陽画会:水、木、金曜 

画研:日曜

横須賀水彩会:火曜

版画研究会PAS:木曜(夜間)

彩遊会(講師・百海):土曜